一般歯科

歯周病治療

歯を失う原因

歯を失う原因

歯を失う原因で最も多いのは「むし歯」ではなく「歯周病」です。
「歯周病」によって歯を失う方は35歳頃から増加し、45歳以降では「むし歯」を抜いて歯を失う主原因のトップになります。

歯周病の原因

歯周病の原因には大きく分けて2つあります。
「口腔内不潔型」と「生活由来型」です。

「口腔内不潔型」はブラッシングがうまくいかず、歯周病に進行していくタイプですので、歯磨き指導を行い徹底的に歯石を除去してあげれば治癒に向かいます。

これに比べて「生活由来型」は今迄の日常生活が原因でおこってきた歯周病なので、その原因を知り、今迄の生活習慣を改善しない限りブラッシングや歯石の除去だけでは治癒はしません。

糖尿病などの全身疾患があったり、食生活の錯誤(欧米化)、運動不足、タバコ、口呼吸、くいしばり等々、さまざまな原因が考えられますが、これらを改善していくことがまず必要になってきます。

歯周病とは

歯肉炎

【歯肉炎】
プラークが歯の周りに付着することで歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが作られます。
炎症の原因であるプラークが除去されると改善します。

歯周炎

【歯周炎】
歯肉炎が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで影響が及びます。
歯茎から出血や膿が出ます。
歯槽骨が溶かされてしまい歯がグラグラして、最終的には歯が抜けてしまします。

プラーク中の細菌

歯周病原性細菌から出される毒素によって歯周ポケットが作られます。
ここは細菌にとって住みやすい環境です。
歯周ポケットの中では歯周病原性細菌が毒素をどんどん作り出し、歯周病を悪化させていきます。
歯周病が悪化すると歯ブラシを当てただけで痛くなり、ブラッシングが疎かになります。
そうなると、さらに歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

プラーク中の細菌

歯周病と全身の健康

歯周病と全身の健康

近年、歯周病原性細菌が全身の様々な疾患に影響を与えていることを示す研究結果が多数発表されてきています。

歯科医師、歯科衛生士と一緒に「歯周病」を治しましょう。

歯周病の検査と治療

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。 病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、環境を整えることが重要です。 そのために通常、歯垢や歯石の除去とブラッシングの指導が行われます。

歯周病X線写真検査

歯周病X線写真検査

歯周ポケット検査って、なに?

歯周ポケット検査って、なに? 歯周ポケット検査って、なに? 歯周ポケット検査って、なに? 歯周ポケット検査って、なに?

PAGE TOP